製造工程


1) 生葉の収穫

茶葉

茶葉


摘み頃になった葉の芽を収穫します。葉に傷が付くと苦みが増してしまうので、できるだけ葉を傷めないように注意して収穫します。

2) 生葉の保管と変質防止

茶葉保管作業

茶葉保管作業


収穫した生葉は生きていて、呼吸が盛んにおこなわれ、呼吸熱を発生し、そのままにしておくと傷んでしまいます。加工するまでの間、コンテナで風と水分を送り、保管します。

3) 蒸し工程

茶葉の蒸し工程

茶葉の蒸し工程


加工の一番最初の工程です。蒸すことで生葉の酸化酵素の活性を止め、青臭さを除き、緑茶固有の香味を発生させます。また、葉の柔軟性を高め、揉乾操作を行いやすくします。

4) 冷却工程

冷却工程

冷却工程


蒸熱機から送られたお茶は80°~90°ととても熱くなっているので、なるべく早く完全に冷却しお茶の味や香り、色をそこなわないようにする工程です。

5) 揉み工程 (1)粗揉工程

茶葉の粗揉工程

茶葉の粗揉工程


蒸した葉を粗揉機という機械に入れ、熱風をあてながらかくはんし、揉みます。煎茶特有の色や風味を引き出し、能率よく乾燥するために行う工程です。

6) 揉み工程 (2)揉捻工程

茶葉の揉捻工程

茶葉の揉捻工程


粗揉工程を終えた葉を揉捻機という機械に入れ、粗揉機での揉み不足と乾燥むらをおぎない、お茶の葉の水分を均一にし、葉によれ形をつけ、次工程以後の作業を容易にする工程です。

7) 揉み工程 (3)中揉工程

茶葉の中揉工程

茶葉の中揉工程


揉捻工程を終えた葉を中揉機という機械で揉みます。粗揉機と似た工程ですが、葉の水分が減っているので、粗揉機に比べて優しく熱風をあてながら揉みます。

8) 揉み工程 (4)精揉工程

茶葉の精揉工程

茶葉の精揉工程


最後の揉み工程です。精揉機という機械で、熱風は使わず下から熱を与えながら揉みます。お茶の葉に重圧を加えながら往復運動して水分を取りながら形を作っていく工程です。

9) 乾燥工程

茶葉の乾燥工程

茶葉の乾燥工程


精揉工程を終えたお茶の葉を乾燥します。生葉の水分を100%とした時、ここで5%程度まで乾燥します。残った青臭みを取り、香りを引き出します。ここで出たお茶を荒茶といいます。

10) 仕上工程 (1)裁断

茶葉の裁断

茶葉の裁断


荒茶を裁断機にかけ、形を均一にして不揃いなものをふるい分けします。

11) 仕上工程 (2)火入れ

茶葉の火入れ

茶葉の火入れ


裁断したお茶の葉を再び乾燥します。この工程で完全に青臭みを取り、香りを引き出し、水分をとばします。この工程を終えた茶を仕上げ茶と呼び、販売茶となります。